確実に資産形成したいなら投機より投資

考え方・前提知識

こんにちはタマです。

 

 

 

これまで投資のとの字も知らなかった若者が、実際に投資を始めてみてわかることがあります。

 

 

それは、「株式投資って全然儲からないじゃないか…」っていうこと。

 

 

それもそのはず、株式投資の期待利回りは「年率平均7%+インフレ率」なので、インフレ率2%とした場合、1000万円を運用したとしても年間で90万円しか儲からないことを意味します。

 

 

また、これはあくまで米国株に限った話であるため、仮に日本株や債券などに分散投資したと仮定すると、実際に投資家が手にするリターンは2~4%程度になると思います。

 

 

そこで、当初の100万円を年率平均3%と7%で運用した場合、そして毎月5万円の積立投資ありとなしで運用した場合のシミュレーションを紹介します。

 

1

画像のグラフは積立投資のシミュレーションの結果です。

 

 

たとえば、当初の100万円を年率平均3%で40年間運用したとしても326万円にしかなりません。

 

 

これなら投資をしてもしなくても将来の生活にほとんど影響を与えません。

 

 

そこで、毎月5万円積立投資をして年率3%で40年間運用したとすると、当初の100万円は4850万円にもなります。

 

 

これは積立投資をせずに年率7%で40年間運用した場合の1497万円を大きく上回るので、積立投資がいかに大切かということがわかると思います。

 

 

別の言い方をすれば、いくら投資成績が良くても地道にコツコツと積立投資する者には勝てないというわけです。

 

 

ちなみに、毎月5万円積立投資をして年率7%で40年間運用したとすると、当初の100万円は1億3476万円と大きな資産を築くことができます。

 

積立投信とは?初心者が知るべき積立型投資信託の全体像と始め方

 

 

従って、個人投資家はリターンが低迷する原因となる債券などの比率を下げ、米国株の比率を上げた方が賢明です。

 

 

ところが、多くの若者は「年率7%」と「毎月5万円の積立投資」に不満を抱きます。

 

 

彼らは毎月5万円も積立投資していたら人生そのものがつまらなくなるし、40年後にお金持ちになっても意味がないとし、ゆっくりお金持ちになることよりもソッコーでお金持ちになる道を選ぶわけです。

 

 

そのため、彼らは「まだ誰も気づいていない、自分だけしか気づいていない銘柄(あるいは仮想通貨など)に投資しよう」と考えて投機に走るのです。

 

 

でも断言します。

 

 

お金を持ってない人が投資で金持ちになるのには時間をかけるしか方法がありません。

 

 

冷静になって考えればわかると思いますが、これまでろくに社会経験を積んだわけでもなく、投資の基本の財務分析もDFC計算もできない、経済史も金融史も知らない若者が、誰も気づいていない銘柄を経験と努力を積んだたくさんの人たちを差し置いて、自分だけが見つけられるなんてそんな都合の良い話があるでしょうか?

 

 

若者1万人が一斉にお宝銘柄を探せば、10人くらいは見つけられるかもしれませんが、同時に9990人は見つけられずに損をすることを考えれば、大切なお金をそのようなギャンブルに使うべきではありません。

 

 

仮に10人の中に入れても、それはマグレです。

 

 

同じことを再現し続けなければ実力以外の何者でもないのです。

 

 

ギャンブルで成功した人は賢明な投資家とはいえません。

 

 

競馬予想して大金を夢見るのと同じです。

 

 

それは投資でなくギャンブルです。

 

デイトレーダーになるには|年収や税金、資金、生活など【職業ガイド】

 

仕事で?ロト6?方法は「一攫千金を得るためにすること」 | MIRRORZ(ミラーズ) 無料の心理テスト・診断・占い

 

 

彼らはギャンブルにお金をかけ続け実質マイナスの収支を続けます。

 

 

投資では絶対に損を出さないようにするべきです。

 

 

時間はかかるが将来確実的に資産が増えるものに資金を投じるべきです。

 

 

従って、投資とか資産運用はその程度のものと考えて、ゆっくりとお金持ちになることを目指した方が賢明です。

 

 

仮にソッコーでお金持ちになりたいなら、自分の好きなことや人生を賭けられる仕事やビジネスを見つけて、人的資本を最大化することで達成した方がいいです。

 

 

若くしてソッコーで金持ちになりたいならビジネスで稼ぐのが一番です。

 

 

投資では困難です。(リスクは高いが不動産投資では可能な場合もあるが)

 

 

投機では1%の確率で達成できるでしょうが、稼ぐトレーダーというのはいつの時代も現れては消えていくものです。

 

 

5年、10年、20年と稼げるトレーダーというのは稀有な存在になります。

 

 

努力して、そんな低い可能性に賭けるより、会社を興すなり働くなりしてお金持ちになったほうがはるかに可能性は高いです。

 

 

お金持ちの方程式は

収入-支出×運用です。

 

 

①収入を上げる②支出を減らす③自由に使えるお金で賢く投資するです。

 

収入を上げたいなら投資は不適切です。

 

 

①が得意な人、②が得意な人、③が得意な人、複数得意な人がいてます。

 

 

お金持ちじゃなくても③が得意なら毎月5万積立平均7%運用で40年で1億3476万円の資産と年配当3%なら年400万(月33万)の配当収入が手に入ります。

 

 

 

積立投資とは、つまりお金のなる木を徐々に育てていくという作業です。

 

 

年利7%の運用というのは市場平均での運用成績になるので市場平均であるS&P500に積立投資してれば達成できる数字になります。

 

 

ちなみに2016年から2018年8月末までのS&P500ETF(IVV)のリターンは+49.79%です。

 

 

20年で金持ちになりたいなら月20万積み立てるべきです。

 

 

 

①収入をあげるか②支出を減らすかして毎月20万積立が平気な状態にするしか方法はないです。

 

 

5000万の住宅を3%の金利で35年ローンを組んだ場合の毎月の支払額がおおよそ月20万なので、その住宅をあきらめ、その分の支出を減らし、積立にあてるのも手ですし、副業やビジネスをはじめ月収20万プラスして積立にあてるのも手です。

 

 

 

今現在月々積立投資に回すお金が工面できない方でも、将来の資産形成のため積立に回せるプラス月5万の副収入を考えている方や月20万以上の収入アップを考えている方はこのブログで紹介するビジネスなども検討してみてください。

 

 

20年後、ほぼ確実に金持ちになるか、可能性が低いが今金持ちになるために投機に走るかは自由です。

 

 

 

積み立て投資の中でもオススメなのが、アメリカ大型株の500社に一括投資出来るS&P500指数に連動する低コストのETFか投資信託にすべきです。

 

 

インデックス投資です。

 

 

 

投資の神様であるウォーレン・バフェット

 

 

バフェットは自身の死後、妻に対して「S&P500に投資せよ」との言葉を贈ったのはあまりにも有名で、詰まるところ投資の知識の無い人でも確実に資産形成可能なものとして、バフェットが唯一推薦出来る投資法がS&P500への投資であるということです。

 

 

とはいえ、投資の神様が推薦する投資法であっても、日本の投資家でS&P500を愚直に積み立てている人はさほど多くはありません。

 

 

なぜなら、多くの人々は一攫千金を夢見て秒速で億万長者になりたがるので、退屈でつまらない積み立て投資などやりたがらないからです。

 

 

そのため、長期投資を根付かせるNISAでも、相変わらず終わったボロ株ばかり買っているし、短期でいかにカネを稼ぐか?ということしか頭に無いのでした。

 

 

とはいえ、そのようなボロ株投資というのは投資家同士のカネの奪い合いなので、必ず勝者と敗者と別れます。

 

 

マーケットに参加するのは大半がヘッジ・ファンドのプロの投資家であることを考えれば、素人同然の個人投資家が勝つことは難易度が高くカネをもぎ取られて終わることが多いです。

 

 

一方、S&P500は常に右肩上がりを形成してきた歴史があるため、

「いつ買っても、誰が買っても儲かった」

という信じられない恩恵を投資家に与えたのです。

 

徹底比較】S&P500に連動する投資信託まとめ | MonJa〈もんじゃ〉お金と暮らしの情報サイト

考えてみれば、S&P500に組み込まれる株というのは、常に世界最先端で、常に世界中のシェアを握り、世界中の人々を魅了して止まない企業になります。

 

 

そして、時代が変われば自動的にまた新しい最先端を突き進む企業が組み込まれるため、個人投資家は「S&P500をただ買って放置する」だけで誰もが資産を築けるわけです。

 

 

あなたを含めた個人投資家が確実に金持ちになりたければ、バフェットの言うことを愚直に守って、S&P500をひたすら積み立てることが絶対的に必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました