せどりのノウハウ・基礎知識

ネット物販ビジネス

こんにちはタマです☆

 

今回は「せどり」について紹介します。

 

せどりはビジネス初心者でも始めやすくなじみやすい手法となります。

 

せどりって何?っていうことから実際の稼ぎ方まで基本的なことを記事にしました。

 

せどりとは

 

簡単にいってしまえば転売です。

 

元々、せどりという言葉ができたきっかけは「転売業者が古本屋で本の背中のタイトルを見て、買う本を選んだこと」と言われています。

 

せどりの意味を一言で言い表すならば、「安く仕入れて、高く売る」ということです。

 

なかでも中古本を安く仕入れて高く売ることを、元々はせどりと言っていました。

 

せどりという言葉が有名になったのは、ブックオフで中古本を仕入れ、アマゾンで販売する手法が広まったときです。

 

しかし、今ではもっと幅広い意味で「せどり」という言葉が使われるようになりました。

 

家電商品を扱う「家電せどり」、CDなどを扱う「CD(DVD)せどり」、おもちゃなどを扱う「ホビーせどり」、ネット通販で仕入れる「電脳せどり」……と扱う商品が全然違う場合もすべて「せどり」と言うようになっています。

 

今話題のせどり

 

今副業としてブームになっていると言われているのが「せどり」。

画像1

 

忙しいサラリーマンの副業にもぴったりということで、たくさんの人が始めています。

 

画像2

 

独立して 専業の「せどらー」として活躍する人も数多くいます。

 

・・・ですが、 実際のところ、せどりで成功している人は10人に1人くらいと言われています。

 

 

副業で気軽に始めたはいいが、やり方がわからなくて結局やめてしまう人が多いのですよね。

 

 

私自身もせどりを始めたはいいが、全くやり方がわからずに全く結果が出なかった時期がありま した。

 

 

その後に実績者から具体的に指導してもらってから収益が爆発しました。

 

 

料理に例えるなら、やり方もしらずに食材だけ与えられても何もできませんよね?

 

 

包丁の使い方や、調理の仕方を教わって初めて美味しいご飯が作れるのと一緒です。

 

 

私も初めはそんな感じでした(笑)

 

今では大抵どんな食材がきても正しい料理方法を知っているので、美味しいご飯が作れます。

 

そんな「せどり」ですが、一体どういう仕組みでお金が儲かるのか?

 

 

どうすれば儲かるのか?

 

せどりの儲けの仕組み

 

「せどり」ですが、一体どういう仕組みでお金が儲かるのか?

 

 

って気になると思いますが、非常にシンプルなしくみです。

 

 

安く仕入れて高く売るだけ 

 

これだけなんですね。

 

これは商売の基本中の基本です。

 

 

サラリーマンが普段いくようなお店に行って、安くなっている商品を買ってくる。

 

 

そして「ある場所」で高く販売する。

 

 

そうすることで利益がでます。

 

 

あとは、その繰り返しです。

 

一例を挙げると、 ドンキホーテなんかで格安で売っている、スマホのケースなんかが高く売れたりします。

 

300円で仕入れ→3000円で販売 

 

これを10個買ってきて売れば約30000円の利益になりますね。

 

サラリーマンの一月のお小遣いが30000円~50000円と言われるので、コツさえつかめばそれ位 は簡単に稼ぐことができます。

 

これが「せどり」が稼げる理由です。

 

どうやって販売するの?

 

じゃあ、どうやって販売すればいいの?って話ですよね。

 

 

販売先はあなたもよく利用している「Amazon」です。

 

 

仕入れた商品をAmazonに送ってAmazonに販売してもらうんですね。

 

 

簡単でしょ!

 

 

あなたがやることは、とにかく商品を探して仕入れること。 

 

 

これにつきます。

 

 

もちろんヤフオクなどのオークションで販売してもOKです。

 

 

Amazonがオススメな理由は、「販売力」につきます。

 

 

今日本で一番売上があるネット販売の会社はAmazonです。

 

 

そのAmazonの力を借りるんですね。

 

 

Amazonには「マーケットプレイス」という一般の方が気軽に商品を出品できる制度があります。

 

 

新品だけでなく、中古の品物も販売できます。

 

 

その種類は多く、ほとんど何でもといっていいほど販売することが出来ます。

 

 

例えば、あなたの身の回りの読み終わった本、DVD、ゲームや使わなくなった家電、カメラなど 実に多くのものが販売できます。

 

 

お客さんへの発送、入金管理、返品やキャンセルなどのやりとりも全てAmazonがやってくれます。

 

 

出品するにあたって、Amazonにあなたのお店を出すことになります。

 

 

・お店の名前を決める

・小口出品者か大口出品者を選ぶ

 

 

この2つを決める事になります。

 

 

ちなみに小口出品者は1つの商品を販売するたびに手数料としてAmazonに約100円払います。

 

 

大口出品者は月4900円払うことで、100円の手数料がかからなくなります。

 

 

たくさん出品するひとは大口出品者を選びましょう。

 

 

ちなみにせどりをする人はほぼ9割がた大口出品者です。

 

 

手数料もバカになりませんからね。

 

仕入れ先はどこなの?

 

せどりの仕組みは分かったけど、じゃあ一体どこで仕入れすればいいの?

 

 

ということですが、仕入先は物が売っているところならばどこでもOKです。

 

 

基本的にAmazonの相場より安く売っていれば、なんでもありです。

 

・・・・・ってこれだけじゃあわからないですよね。

 

それがわかれば苦労しないと思います。

 

 

せどりを挫折してしまうほとんどの人が、

 

 

「何を仕入れしたらいいのかわからない」

ってことでやめてしまいます。

 

 

そんなあなたに、コッソリと仕入先をお教えします。

 

 

ズバリ!セール品が売っているワゴンです。

画像3

とにかく初心者はワゴンの中を見るようにしてください。

 

 

「せどりってもう飽和しているんじゃないの?」

「ワゴンなんてみんな見ているんじゃないの?」

 

 

っていう声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

 

 

まだまだワゴンは稼げますし、せどりにおいては基本中の基本です。 

 

家電量販店、ゲームショプ、おもちゃ量販店、総合スーパーなどなど。

 

 

どこにでもあるワゴンをこまめに見ることをオススメします。

 

なぜワゴンなのかというと、ワゴンセールというのはお店が在庫に困って処分したい商品の最後 の行き場になるからです。

 

 

物というのは次々と新製品が作られてお店に陳列されていきます。

 

 

ですので、売れ残った古い商品はいつまでも棚においておけないんですね。

 

 

売れ残った商品の最後の行き場がワゴンです。

 

またワゴンセールでも売れ残った場合は、「最終的に処分価格」にされます。 

 

 

もちろんお店にとってはメーカーから仕入れた金額よりも安い赤字価格で処分します。

 

 

でないと最後捨てるだけになりますからね。

 

 

また、ワゴンに入りきらない大きなものは処分コーナーというのが存在します。

 

 

こちらも考え方は「ワゴン」とおなじです。

 

画像4

ですが、お店で売れ残って処分品になっているから需要がないわけではありません。

 

 

たまたまそのお店で売れなかっただけで、Amazonでネット販売すれば日本中、いや世界中の人 が購入することができます。

 

 

なのでまだまだ適正な価格で売れるわけですね。

 

どうですか!

 

この考え方さえ知っておけば、全国どこにでもあるワゴンから仕入れをすることができます。

 

 

もちろんワゴンだけではなく、タイムセールやオープニングセールなどのいわゆる「特価品」とい うものも仕入れ対象にすることができます。

 

ワゴンの場所、セールの情報など。

 

 

せどりはちょっとしたことを知っているかどうかで結果が変わってきます。

 

 

こんなことや。

 

画像5

 

こんなことも十分可能です。

 

画像6

 

最終的には・・・・

 

画像7

 

こんなことになったりします(笑)

 

ただ…

 

仕入れるポイントはもちろんワゴンだけではありません! 

 

 

いずれ詳細を紹介したいと思います。

 

商品を仕入れるお金は?

 

実際にせどりをするにあたって気になるのが「仕入れをするお金」ですよね。

 

 

もちろん現金が沢山あれば仕入れに苦労しないでしょう。

 

 

っていうより、現金が豊富にある人は「せどり」しないですよね。

 

 

お金に苦労していたり、もっとお金が必要だから「せどり」をするわけです。

 

 

なのでこれを使います。

 

 

クレジットカードですね。 

 

 

これを使って仕入れを行います。

 

 

「クレジットカードを使って仕入れなんて危なくてできないよ!」

 

 

っていう声が聞こえてきそうですねw。

 

 

大丈夫です!

 

 

クレジットカードの支払いはほとんどの場合が翌月末の支払いになります。

 

 

なので、現金をつかう場合よりも最長で2ヶ月間ほど支払いを遅らせることができます。

 

 

これがポイント! 

 

 

それまでに仕入れた商品をAmazonで売りましょう。

 

 

そうすることで(仕入代金)+(利益)が手元に残ります。

 

 

ですので、原則1カ月~2ヶ月で売れる商品を仕入れましょう。

 

 

そのためにはどの商品がどれ位のスピードで売れていくのかを知る必要があります。

 

 

では、次の章で具体的な売れる商品の調べかたについて説明します。

 

 

売れる商品の調べ方

 

では、売れる商品をどうやって調べてたらいいのでしょうか。

 

 

やり方はとっても簡単です。

 

 

これはスマホを使って2つの手順をとります。

 

 

では早速準備をしましょう。

 

 

まずはスマホ(iPhoneでもandroidどちらでも結構です)を用意します。

 

 

そして検索用のアプリをダウンロードしましょう。

 

 

せどり用のアプリで有名なのはiPhoneなら「せどりすと」androidなら「せどろいど」。

 

 

他にも「アマコード」なども便利です。

 

 

準備ができたらやることは2つです。

 

 

① アプリのカメラ機能で商品のバーコードを読み取る

 ② モノレートというサイトで商品の売れ行きをチェックする。 

 

この2つだけです。

 

 

①アプリのカメラ機能で商品のバーコードを読み取る アプリで商品のバーコードを読み取るとどうなるかと言うと、「Amazonでの販売価格」が瞬時 にわかります。

 

 

また最近のアプリは手数料を引いた実際の手取り金額も表示されます。

 

 

つまり「Amazonでの販売価格」-「現在の商品価格」=利益となります。

 

 

厳密に言えば、商品カテゴリーごとに設定されている商品の販売手数料やAmazonの倉庫へ納品 する送料なんかもかかります。

 

 

それらをすべて差し引いて残った利益が手元に残る利益となります。

 

 

簡単ですよね!

 

 

②モノレートというサイトで商品の売れ行きをチェックする モノレートとは、利益がでそうな商品が見つかったときに、それがどれくらいの周期で売れてい るかを調べるサイトのことです。

 

URL: http://mnrate.com/past.php

 

 

このサイトにて商品名を打ち込むと実際にその商品が「いつ、いくらで、いくつ」売れたかがわか ります。

 

 

また新品と中古のそれぞれの売れ行きがわかりますので、新品でも中古でもどちらでも 調べることができます。

 

 

これで先の章で説明した、「2ヶ月以内に売れるかどうか」がわかります。

 

 

慣れきて資金に余裕があれば、多少売れ行きが悪くても利益が出れば仕入れの対象になりますが、 初めのうちは「1ヶ月以内に売れそうな商品」に絞って検索するようにしましょう。

 

 

ちなみにモノレートの画面上はこういった形で折れ線グラフで表示されます。

 

 

画像8

 

 

見方はこの折れ線グラフが下に下がったときに商品が売れたということです。

 

 

また個数でも表示されますので、実際にいつにいくらで売れたかが一目瞭然です。

 

 

直近の値段を確認しましょう。

 

画像9

 

これで売れる商品を調べることについてはバッチリですね。

 

 

あとは実際にお店に行って仕入れをしてみましょう!!

 

 

ちなみにオークファンというアプリも大変便利ですので活用してみてください。

 

 

オークファン

 

オークファンは商品の相場を知るために便利なサービスです。

 

 

通常はAサイトやBサイト、Cサイトと複数のショッピングサイトそれぞれのページに行き商品を検索して値段を調べるのですが、これはかなりの時間がかかり手間です。

 

しかしオークファンはヤフオク!、Amazon、eBay、フリル、楽天などの国内外のショッピングサイトの相場データを検索することが出来ます。

 

 

オークファンで出来ること

・複数のショッピングサイトの相場比較
・ヤフオクへの出品
・利益計算ツールが使える

 

オークファンは物販初心者にも使えるか

 

そんな専門的なサービスを使うほど本格的にはやってないしという人ほどこのサービスが便利なのです。

 

むしろ相場がよく分からない初心者こそ使うべきサービスです。

 

 

オークファンはいくつかのプランがあります。

 

無料会員は完全無料で使うことができますが、そのぶん最低限の機能しか使うことが出来ません。

 

 

物販に慣れている上級者が新しく取り扱う商品の相場が知りたいからと使うのに向いています。

 

 

初心者ならライト会員(月額300円)かプレミアム会員(月額980円)のどちらかを使いましょう。

 

 

ライト会員でも機能的には十分ですが、物販初心者にはプレミアム会員の方がお勧めです。

 

 

・検索回数が多い
・ネットオークションで稼ぐためのノウハウを毎日無料配信
・商品を魅力的に見せるためのテンプレートが豊富

 

出品の仕方

 

では、実際に商品を仕入れしたらAmazonに出品しましょう!

 

 

ていっても、はじめに登録したAmazonの出品ガイドラインに則って出品をすればOKです。

 

Amazon.co.jp ヘルプ

 

あらかじめ他の出品者がいれば商品カタログがありますので、それに合わせて出品しましょう。

 

 

肝心なのは値段のつけ方ですが、 新品なら最安値。

 

 

中古ならばそれぞれのコンディションにあった値段をつけるといいでしょう。

 

 

たとえば中古の「良い」で3000円、4000円、5000円と出品している人がいるならば、 早く売りたい場合は3000円に合わせましょう。

 

 

中古の場合は状態によって「可→良い→非常に良い→ほぼ新品」とあります。

 

 

それぞれ他の出品者の状態に合わせて出品するのが無難です。

 

 

その際には他の出品者の説明文も参考にして値段をつけるようにしましょう。

 

画像10

また価格は日々変動していくものですので、こまめに価格改定はするようにしましょう。

 

 

自動で価格改定ができるツールも多くありますので、出品が増えてきたら活用するようにしましょ う。

 

出品や価格改定で効率化してできた時間を仕入れにあてることで、たくさん稼ぐことができるよ うになります。

 

 

せどりに慣れてくると月の出品数も数十個~数百個になりますので、効率良く作業を行いましょ う。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

せどりというものがどういう仕組みで儲かるのか理解できましたでしょうか?

 

 

やり方さえわかればせどりはそんなに難しくはありません。

 

 

むしろ誰にでもできる副業と言えるでしょう。

 

 

あなたが欲しいお金は月に5万円でしょうか?

 

 

それとも10万円でしょうか?

 

・・・十分可能です。

 

 

今回の内容を実践するだけでも稼ぐことも可能です。

 

 

月に5万円や10万円ではなく、今のサラリーマンの収入以上に稼ぎぐことも可能ですので自身で突き詰めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました